TUKURUブログ

K様邸へインタビュー

2015年09月16日






東京在住中に中古住宅を購入し、リノベーションを検討していました。それ以前に、地熱の家を導入したいと考えていて、つくるハウスさんを知りました。結果的には導入はしませんでしたが、その時親身に相談にのっていただいたこともあって、リノベーションをお願いすることになりました。


使えるものはそのまま使い、変えたい部分を大胆に変えて行こうと思っていました。
例えばピアノ室。防音を要するリノベーションが必要でしたが、予算に合わせた二重サッシなどの提案をしていただき、とてもうまく仕上げていただきました。その他にも子ども部屋は和室の間仕切りを取り払った全面リノベーションで、古さを感じさせない、まったく新しい印象になりました。



不安だった水回りも、和式トイレを最新のタンクレス洋式トイレにリノベーションしていただき、キッチンに大きく陣取っていた古くて大きな食洗機を撤去し、分別ゴミスペースを有したオープンな雰囲気のダイニングキッチンに変身しました。


 




例えば玄関の小さな棚や、2階洗面所のハンガーかけ、脱衣所には収納の工夫をして頂くなど、お願いしていない部分の気遣いを感じ、とても住みやすく使いやすい家になっています。





また、フロアリングに代わり、コストを抑えて綺麗で、しかも丈夫なホモジニアスタイルのなど、提案して頂いた案を採用してとても よかったと感じています。


実際に住んでみて分かったことなのですが、コンセントの位置や、個数など、事前に想定してお願いしておけばよかったと思っています。また、前の居住者が住んでおられる段階で、東京からメールで打ち合わせに頼らざるをえず、実際にお部屋の中を見れない状況だったので、家具の配置にまで気を配ることが出来なかったのが少し悔やまれます。洗濯に関して、部屋干しを想定していなかったのですが、目立たない場所で部屋干し出来るスペースを考えておけばよかったと思いました。

上記の改善点については、リフォームの提案もさせて頂きますので、ご安心ください。


とても満足しています。今でもいろいろとお願いする事もありますが、快く応えて頂いていますし、満足していなければ、こちらから相談することもありません。

 

ご協力ありがとうございました。

M様邸へインタビュー

2015年08月04日






京都市内で建替えを検討していましたが、折角建替えるのなら、環境に配慮した家を建てたい、そう思っていました。そこで検討したのが、ソーラーか地熱を利用した住宅でした。いろいろ調べた結果、地熱の家を展開していたつくるハウスとの出会いがあり、お願いすることにしました。


限られた土地での建替えが前提でしたが、一番の希望は広いお風呂と、限られた空間だからこその収納スペースでした。
この希望を叶えるために様々なご提案を頂きました。その結果、お風呂と洗濯機のスペースを分離し、脱衣所のスぺースを確保することによって、広い空間を確保することが出来ました。また、洗濯機も扉で隠しベランダ近くに配置で、生活導線に添った提案をして頂きました。また、収納でも工夫をこらし、キッチンと玄関の繋がるスペースを収納スペースにし、少しの空間でも収納として活用できるようになりました。



まず、地熱の家にしたからこそ、夏はひんやり、洞窟を利用しているような感覚で快適に過ごす事が出来るのに驚きました。また、冬でも底冷えする感覚がなく、外気に大きく左右されない室温を保つことが出来ています。やはり地熱の家にして良かったと思います。
また、空気の循環が良いのか植物が枯れにくくなったのもうれしいポイントです。
設計当初、壁紙は白じゃない方が良いと思っていましたが、白を進められて取り入れた結果、圧迫感がなくて結果的に良かったので、うれしく思っています。



立地の問題もありますが、ベランダがあまり広く取れなかった点が気になっています。そうなると洗濯物を干すスペースがなくなってしまうので、例えば部屋干しのスペースを考えておくとか、そんな工夫があればよかったと思っています。
また、キッチンはつるつるの人工大理石のほうが掃除がしやすいかな?とも思っています。

上記の改善点については、リフォームの提案もさせて頂きますので、ご安心ください。


特に問題なく感じています。地熱の点検もしていただいていますので、今後も宜しくお願い致します。

 
ご協力ありがとうございました。
  • 1

ブログ・カテゴリ

過去のブログ